芸術的才能について

 芸術的なセンスがある人ってなんかすごい。
ああいうのって最初どうやって思いつくのかが想像できない。
例えば僕が、小説書くことになったとしても、
「ここをこう書き始めたらあとでこういう説明が必要だから・・・」とか、
「この言い回しって必要なんか?」みたいなのを考えすぎて、
どうしたらいいか分からなくなってしまうと思う。
あと、絵を描け、とか、商品のデザインを作れ、とか言われても、
やっぱ余計なことを考えすぎて、どう手をつけたらいいか分からなくなってしまうと思う。


 ああいうセンスがある人ってやっぱり、
頭に浮かんでくる直感的なものをパッと形にすることでうまく行くモンなんだろうか。
文章の構造だったり、絵の色使いだったり、デザインの対象年齢だったり、
ある程度は論理的に説明がつく部分もなければ芸術として成立しないような気もするけど、
そこらへん、どれくらい考えてやっているんだろう。
不思議。