短いようで長い人生


@角島大橋

 会社を辞めて2年が経った。まだたったの2年しか経っていないのか、という感想だ。本当に色んな事があって、長い2年だった。まだ2017年が3ヵ月しか経っていないことにすら驚きだ。そして、博士課程を卒業するまでにはこれからもう1年。不確定要素だらけで、1年どころか半年先や2か月先がどうなっているかも見えない日々が続く。これまで以上に濃くて長い1年になると思う。
 僕は、どんなことも3年くらいやれば、ゼロから始めてもそれなりに要領がつかめるものだと思っている。実際に、今やっている仕事のほとんどが2年以内に新しく始めた仕事だけど、それでちゃんと論文がかけているし、このペースでもう1年もあれば自信を持って研究者と名乗れるだけの実力は身に付くのでないかと思う。前の会社だって、全くの知識ゼロから始めて3年しかいなかったけど、辞めるころにはなんとなく仕事の全体像が見えるようになってきていた(それで合わないと思ったから辞めたのだけど)。もちろん、20年、30年と同じ仕事をやり続けないと到達できない境地というのは必ずあるし、そのような人たちにとっては「たった3年でなにが分かるって?」って感じだろう。だけど飽きっぽい僕にはそれができない。僕がそういう境地にありつけることは一生ないだろう。でも、30年で3年ずつ、10個の新しい仕事をやり続けるのだって、面白い人生だと思う。そこまで極端で無くても、ちょっと前に話題になった「40歳定年」みたいな考え方は僕は賛同する。これまでと全く違うことを、40歳とか50歳とかから始めたっていい。新しいことを始めるのは最初は苦しいけど、今の僕が「長すぎる」と思っているのと同じ密度と長さの3年がそこにあるはずだ。そんな3年を過ごしていれば、どんなことでも人並みにはできるようになってくると思う。だから、人生で一つの仕事を続けなければいけないと考える理由はない。むしろ短い人生を少しでも長く感じられるようにるすため、こだわりを持たず、常に色んな可能性を考え、色んな事に興味を持って生きたいと思う。60歳まで現役だとしても、僕にはまだ3年×10回もある。人生は短いようで長い。